読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コーヒー3杯

紙の日記が苦手だから。

コットンクラブ(1984年/アメリカ)

舞台は1920年代後半より1930年代前半、ニューヨークのハーレム。
主人公はギャングたちの抗争に巻き込まれ、ギャングの女ヴェラと恋して、気が付けばハリウッドの新星になる。
同時進行で、黒人タップダンサーがスターへと昇り詰める過程も描く。

f:id:towaco:20150317194445j:plain

コットン・クラブのショーシーンや、ハーレムの酒場でのタップシーンは惚れ惚れするほど美しい。
同時に劇中で演奏されるジャズの数々も素晴らしい。

ストーリーはあれもこれも、と欲張って少し消化不良の感が。どれか大きな一本の筋道が欲しかった。
私としては黒人タップダンサー・サンドマンがもう少し見たかった。あと、主人公とお母さんのシーンももう少しだけ欲しかった。
ヴェラとの恋末も・・・うーん。

美しいヴェラを演じてたのはだれかと思いきや、「最後の初恋」のダイアン・レインだった。

コットンクラブ [リストアHDマスター版] [DVD]

コットンクラブ [リストアHDマスター版] [DVD]

コットンクラブ
1984年/アメリカ
原題:The Cotton Club
監督:フランシス・フォード・コッポラ 出演:リチャード・ギアダイアン・レイングレゴリー・ハインズニコラス・ケイジ