読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コーヒー3杯

紙の日記が苦手だから。

ザ・ホークス~ハワード・ヒューズを売った男~(2006年/アメリカ)

「ウソから出た真」という言葉があるけれど、この映画はウソがウソを超えてウソに飲み込まれる物語。
ひとことで言えば大ぼら吹きの話。でも実話。

f:id:towaco:20150318001855j:plain

ハワード・ヒューズ、という人は初めて知った。
ハワードから送られてくる書類までは現実か。それともすでに夢か。
気づくとと観てるこっちも、アーヴィングの世界に飲まれていく。
70年代前半のアメリカに詳しい人が観れば、もっと面白いかも。
リチャード・ギアの付け鼻はわかんなかったなー。

監督はラッセ・ハルストレム。「ギルバート・グレイプ」を撮った監督だ!
中学時代、何度見たことか…。

ギルバート・グレイプ [DVD]

ギルバート・グレイプ [DVD]

アーヴィングの愛人は「見たことある」と思ってたら「トリコロール白の愛」のジュリー・デルピー
お久しぶりです。

トリコロール/白の愛 [DVD]

トリコロール/白の愛 [DVD]

ザ・ホークス~ハワード・ヒューズを売った男~
2006年/アメリカ
原題:The Hoax
監督:ラッセ・ハルストレム
出演:リチャード・ギア、アルフレッド・モリーナ、ジュリー・デルピー