読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コーヒー3杯

紙の日記が苦手だから。

リービング・ラスベガス(1995年/アメリカ)

アルコール依存症の男と娼婦のラブストーリー。
有名だけど初見。

f:id:towaco:20150318011309j:plain

はじまりから既にアルコールに飲まれてる男。希望が見えん。
痛々しい。ラスベガスという街がまた儚い。
しんどい時にみると、映画に引っ張り込まれてしまいそうな作品。

気になるのは、娼婦のサラの独白。
はじめは事情聴取の場面かと思ったんだけど、もしかしてカウンセリングを受けてる?
顔はすっきりしてる。前見てる顔だよね。

リービング・ラスベガス
1995年/アメリカ
原題:Leaving Las Vegas
監督:マイク・フィギス
出演:ニコラス・ケイジエリザベス・シュー