読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コーヒー3杯

紙の日記が苦手だから。

しあわせの隠れ場所(2009年/アメリカ)

黒人少年の単純なサクセスストーリーじゃなかった。
真の主役は、サンドラ・ブロック演じるリー・アンだね。

f:id:towaco:20150324135611j:plain

この作品の舞台は、テネシー州メンフィス。
居住地区も分かれており、この土地条件が物語のキーとなる。

リー・アンは白人が多く住む地区に住み、かつ成功者。
一方、マイケルが暮らしてきた場所は黒人が多く住む貧民街。
リー・アンはマイケルが育った場所とは無縁の女性だ。
話の軸は、マイケルがリー・アンの家へ迎え入れられることによって変わっていく人生に焦点があてられ進んでいくが、リー・アンの価値観もともに大きく変化していく。
そこが一番面白い。
これまでの人生で大きな挫折もなかったであろう彼女は、自分のこれまで歩んできた道に確信を抱いている。

住んできた環境、仲よくしてきた人、支持政党、出身大学、色々あるけれど、マイケルと出会ったことで自分がこれまで選んできたものとは違うものを、受け入れようと努力する。
黒人であるマイケル、民主党員の家庭教師(リー・アンは共産党支持者)、そして、マイケルの進学先もそう。
リー・アンが少しずつ変化していく姿はすがすがしい。
そして、ガシガシと前を歩くリー・アンについていく夫、子供たちもいい。

黒人=貧困、白人=金持ち の図式のもとにこの物語が成立していることが少し残念ではあるのだけれど、実話ということで、そこは目をつむる。そして、その構図は間違いなく社会の縮図でもあるのだ。
(リー・アン家が金持ちでなかったら、この物語は成立し得たか?)

優しくて少し気弱なマイケルを演じたクィントン・アーロンは素晴らしかった。
リー・アンを演じたサンドラ・ブロックも、お見事!(「ウルトラ I LOVE YOU!」は何だったのか・・・)
コリンズを演じたリリー・コリンズは「白雪姫と鏡の女王」の白雪姫なのか!

しあわせの隠れ場所 [DVD]

しあわせの隠れ場所 [DVD]

しあわせの隠れ場所
2009年/アメリカ
原題:The Blind Side
監督:ジョン・リー・ハンコック
出演:サンドラ・ブロック、クィントン・アーロン、ティム・マッグロウ、リリー・コリンズ、ジェイ・ヘッド