読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コーヒー3杯

紙の日記が苦手だから。

望郷(1937年/フランス)

アルジェリアのアルジェを舞台にした、ジャン・ギャバン主演作。
アルジェの旧市街カスパが妖しく映る。

f:id:towaco:20150324144606j:plain

ジャン・ギャバンの作品ははじめて観た。ニヒルな男だなー。
ペペが熱を上げるギャビーはマレーネ・ディートリッヒのような風貌。細眉は当時の流行か。

ペペはギャビーに出会ってパリの街が恋しくなる。
彼も確かに哀れかもしれないけれど、カルロスの家で彼の奥さんが流したレコードの歌のほうが哀しかった。

夢見てアメリカに渡ったけれど、パリが恋しい。

帰れない故郷は、この世の至る所にある。

アルジェリアを舞台にした作品は初めて。
これがアルジェかー!カスパかー!と高揚してみてたのだけど、全編セットだそう。
見どころはなんといってもカスパの街並み。家々も路地もすべてが縦横無尽につながって、一歩迷い込めば別世界。

アルジェリアを知るための62章」にこの作品についての言及がある。

アルジェリアを知るための62章 (エリア・スタディーズ73)

アルジェリアを知るための62章 (エリア・スタディーズ73)

悪党はアラブ人、ペペのカスパでの愛人はジプシー風、とステレオタイプな演出が見られるとのこと。
確かに悪党はみなアラブ人だった。

でも、一度ご覧あれ。アルジェリアを知るには良き一本。

望郷 [DVD]

望郷 [DVD]

望郷
1937年/フランス
原題:Pépé le Moko
監督:ジュリアン・デュヴィヴィエ
出演:ジャン・ギャバン、ミレーユ・バラン