読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コーヒー3杯

紙の日記が苦手だから。

リトル・ミス・サンシャイン(2006年/アメリカ)

大事なのは、勝つことじゃない。

f:id:towaco:20150319041952j:plain

この映画の魅力は誰が何と言おうと、オリーブ!子役だけど、媚びない演技をする。
ミスコン会場で家族が出場中止を進める中、きりっとシルクハットをかぶって出る意思を示した場面は死ぬほどカッコよかった!
そして本番。勝ち負けを通り越した達観した顔で、にこやかに踊る踊る。最高だね。

話に突っ込みたいところもあるけど、それさえ黙らせるオリーブの演技。個性。笑顔。役者勝ち。

最近ロードムービーづいてるな。
今回はニューメキシコからカリフォルニアまで、1300kmを一家そろってドライブ。
おんぼろだから、途中でギアが壊れる。後ろからみんなで押さないと走り出さないという・・・。
アメリカの雄大さと、おおらかさに感じ入る。

リトル・ミス・サンシャイン
2006年/アメリカ
原題:Little Miss Sunshine
監督:ジョナサン・デイトン、ヴァレリー・ファリス
出演:グレッグ・キニアスティーヴ・カレルトニ・コレットポール・ダノアビゲイル・ブレスリンアラン・アーキン