読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コーヒー3杯

紙の日記が苦手だから。

鶴見虹子が引退

鶴見虹子が去る。だいぶ昔から知っているから、まだ23歳という年齢には驚いた。

女子体操の世界選手権メダリストの鶴見虹子(こうこ、23)=日体大=が、28日に開幕する全日本団体選手権(東京・代々木競技場)を最後に現役を引退する。来年のリオデジャネイロ五輪を目指していたが、5月に右アキレス腱(けん)を断裂。26日の会見で「五輪に出るならメダルを目指したかった。でも、時間がない」と決断の理由を明かした。

女子体操・鶴見虹子が引退へ 全日本個人総合6連覇 | 朝日新聞デジタル

私の中の鶴見は北京五輪。確か個人決勝に進んだはず。当時は絶対的なエースで、小さな背中に大きな日本の期待を背負った姿にギャップを感じて、目が離せなくなった。次のロンドンで必ず花開くのだと、信じていた。
田中理恵の台頭で鶴見の存在は霞んだけれど、私の中で体操女子と言えば、圧倒的に鶴見虹子だった。