コーヒー3杯

紙の日記が苦手だから。

日記(6/30)

前回の日記から1カ月以上たってしまった……。まだ在宅勤務は続いている。 あしたから7月。2020年の後半戦。 6月に読み終えた本 マレー蘭印紀行 (中公文庫)作者:金子光晴発売日: 2012/12/19メディア: Kindle版 昨年マレーシアに行ってから、無性に読みたかった…

NHKハイビジョン特集「アフリカ縦断114日の旅」ふたたび

この外出自粛要請が続く中、NHKもとうとう放送するコンテンツのストックが切れたのか、なんと2008年放送の「アフリカ縦断114日の旅」の再放送が始まっております。 放送は毎週火曜日の午後4時26分からNHKプレミアムで。 すでに第2回まで放送は終了している…

日記(4/29 - 5/1) イルファン・カーンのこと

4/29 しなければいけないことはあるけど気分も乗らず、何となくiPhoneにどう森をインストールして、10年ぶりにどうぶつの森へ。 メインの活動がキャンプ場しかなくて、10年前とゲームの内容が結構変わったなーと思ってたら、スマホ版がキャンプバージョンな…

日記(4/11)

4/11 U-NEXTで「八月のクリスマス」を見る。1998年作品。 やさしさに包まれるような、良い作品だった。人との距離感が心地いい。 八月のクリスマス デジタル・ニューマスター版 スペシャル・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]発売日: 2014/08/06メデ…

日記(4/9 - 4/10)

4/9 コロナの影響で芝居中止の報が続く。自分が2月末に本多劇場へ観に行った「往転」でもマスクの着用を呼びかけられての観劇だったし、ついにここまで来てしまったという感じがする。 作った芝居を誰にも見せずに終わらせるということは、その芝居を殺すの…

日記(4/3 - 4/7)

4/3 テレワークもすでに1週間。 昼食を食べながら「徹子の部屋」をダラダラとみる。ゲストはいしだあゆみと和田アキ子。 いしだ「歩いているときは寂しくないんです。」 黒柳「寂しいときがあるの?」 いしだ「……寂しくても歩いてると空っぽになれるんです…

唐山大地震(2010年/中国)

1976年に中国の唐山市を襲った大地震によって引き裂かれた家族の物語。 父は地震で亡くなり、姉ファン・ドンは手違いから別の家族に引き取られる。残された母と弟ファン・ダーの二人は地震後の唐山市で暮らす。 家族の在り方とはなんと難しく、歯がゆいのか…

日記(3/30 - 3/31) コロナのこと

3/30 志村けん死去の報。速報が飛び込んできたのは朝。小さなころはすごく好きだったけど、大人になるにつれて、セクハラに近い笑いと相容れなくなってきて実は少し苦手だった。でも、一日中多くの報に触れて、夜になるにつれ、どんどん寂しさが増してきてし…

再会の食卓(2010年/中国)

かつての国内共戦のために、中国と台湾の間で生き別れになった家族の物語。 台湾で暮らしている元夫イェンションが上海で暮らす元妻ユィアーに40年ぶりに便りをよこし、会いたいという。けれどユィアーには現在の夫と子供たちがいる。 映画『再会の食卓』…

日記(3/19 - 3/20)

3/19 去年韓国で買ったinnisfreeのハンドクリームがお気に入り。固すぎず油分多すぎず、ロクシタンとかニベアとかは何度買っても合わなかったのに、innisfreeのは私の肌にスッとなじむ。そろそろ切れそうだったので渋谷109に入ってるショップまで買いに行っ…

学校(1993年/日本)

先日BSプレミアムでの放送があったので、久しぶりに本作品を見た。たぶん10年ぶりくらい。トータルで言えば、もう4,5回は見てるんだけど見るたびに違う感情が沸き上がる。 1993年公開作品なので撮影はたぶん1992年。まず飛び込んでくるのは、25年以上前の…

久しぶりに

久しぶりにブログを書いた。ここをどうしようかなと思いつつ、ブログを書く場所はまだ残したい。 今年の桜はもう終盤で花見はしていない。 明日から新年度。

それでも夜は明ける

アカデミー賞を受賞した2013年から、ずっと積読ならぬ積観してた作品。 NHKでたまたま放送があったので、HDDに録画してそれを見た。 いまやAmazonPrimeやNetflixでも見られるんだけど、動機づけになるきっかけみたいなものがないと、なかなか見ない。 それで…

新しい年

帰国した2年前から私の新年は何となく10月から始まる。 手帳も10月に新しいモノに替える。だいたい10月はじまりの手帳って翌年の12月まで使えるけど、次の10月に新調する。 時間の捉え方が2年前の10月を起点に考える癖がついてるから、これはもうしばらくこ…

グッド・ワイフ シーズン7

先週やっとグッド・ワイフを完走した。半年かかった。 シーズン7にもなると、アリシアのロマンスと事務所の内紛はもう完全にテンプレ化。 ダイアンやケイリ―が活躍する場面はぐっと減って、ウィルもカリンダもいない。 アリシアは強さよりも狡猾さの方が目に…

グッド・ワイフ シーズン6

3月あたりから見始めた「グッド・ワイフ」。 知っている人にとっては今さら……というチョイスだけど、ハマるまでに時間はかからなかった。家で暇を見つけてはエピソードを消化している。休みを一日潰した日もあったくらい。どうしたんだ私、と思わなくもない…

年末年始~今日までに見た映画をざっくりと記録

海外から帰ってきて再就職した2017年はやはり色々と大変な年で、本は読めない・映画もまともに観れない、そんなメンタルだった。 物語に触れてたのはテレビドラマだけ。どこにも行かず家事しながらダラダラと見れるドラマ偉大。ネトフリ最高。NHKも最高。 で…

100歳から始まる人生

二週間くらい前にみたこのドキュメンタリーがまだ私の胸の中をざわつかせる。 www6.nhk.or.jp このドキュメンタリーの主役、ダグニーは90歳を過ぎてからパソコンを購入し、ブログを始めたのは100歳のとき。ブログに載せる写真にもこだわりがあり、フォロワー…

訃報

小林麻央のことを最初に凄いなと思ったのは、あの海老蔵と結婚した時。 次に凄いと思ったのは結婚後に海老蔵が刑事沙汰のトラブルを起こした際も、怒らず責めず、あのやんちゃな暴れん坊を静かに諭したと知った時。 そして、最後に凄いなと思ったのは、がん…

10月から12月に観た映画を一気に振り返る

何かもうブログとか書くテンションではないんだけどね。映画録と読書録だけは残しときたい。業ですかね。性ですかね。 カッコ内は観た日付です。 ------------------ パーマネント野ばら(10/18) 西原のマンガを映像化した作品て私的につ…

もう年末

あっという間の12月。早すぎますね時間というのは。

明日からもう9月かよ、と思いながら「水星」を聴く

明日から9月。私の長い長い夏休みが終わろうとしている。 寂しいのか嬉しいのか、まだわからない。ただ時の流れに静かに今は身を任せたい。それが本音。 遅くて、もう遅すぎて情けないけれど、今さら知ったこの曲。いい曲だよな。 このPV可愛い。神戸なのね…

ジュバンドーニのショートパンツ

えーと、そろそろ良いパンツを身に着けたいお年頃。 ユニクロは数年前に一度試したけど生地と履き心地がイマイチだし、ワコールとかトリンプ系はデザインがレース!または肌色黒色シンプル!の二択だし、tutuannaが一番好きなんだけどそろそろ私の年齢が……。…

朗読者 | ベルンハルト・シュリンク(新潮社)

話題になったのはもう15年ほど前?はじめの方で読み捨てて長い事寝かせていた本を、最近また手に取って今度はちゃんと読み終えた。 とても頑なだけど根底に優しさのある作品で、この感動を伝えたいのにうまく伝えられそうにない。 朗読者 (新潮文庫)作者: ベ…

巻き戻らなかった

さっき記事上げたばかりだったけど、あっという間に確定が来た。凄くびっくり。 盛者必衰。今ほどこの言葉の意味をかみしめることはない。 私、スマオタじゃないけど、すごくすごく悲しいよ。胸がつまって、今は言葉もこれが精いっぱい。

いかないで、巻き戻しして

私が「cero」の名を知ったのは今年に入ってから。 YouTubeの「あなたへのおすすめ」に何の予告もなく飛び込んできて、気がつけば「あなたへのおすすめ」を占領されてた。PVの雰囲気的に、たぶん私の好きな系統だとピンと来たんだけど、でもその時はそっち系…

めぐり逢わせのお弁当(2013年 / インド・フランス・ドイツ)

風の噂で存在は知ってた作品。友人の家で、友人のパソコンで観た。始まって数分で目はパソコンにくぎ付け。久しぶりに映画を観て、映画への飢餓感が一時的に満たされたことと、思いもよらない良作だったことが、思いのほか凄く自分を興奮させた。やっぱり人…

キアロスタミ死去の報

お酒を飲むと、どうして人は饒舌になるのか。べらべら喋ってることに自覚的で、自分でも心底うんざりしてるんだけど、赤い靴履いてしまったカーレンみたいに踊り狂うように喋ってしまうよ。そろそろ自重しないとね。 とか夜中に呟こうとしてたら、突然飛び込…

世界が平和でなければ

今週はビックリするようなニュースが次々に飛び込んできて、少し息が止まる感じよ。 火曜日夜にトルコの国際空港でテロ。土曜日は朝起きたらバングラのカフェで襲撃事件。 トルコの空港は過去二回利用していて、9月にも利用する予定だった。実はテロ発生の翌…

前半戦終了

7月が始まった。今年も半分が過ぎ去ってしまった。 早いか、遅いか、で言ったら、やっぱり早いよ。この調子で後半も時が過ぎて、気がつけばあっという間に年末なんだろうか。それが待ち遠しい私は、生きることに軽薄なのかな。 今日の私の一曲。 Это не шутк…