コーヒー3杯

紙の日記が苦手だから。

それでも夜は明ける

アカデミー賞を受賞した2013年から、ずっと積読ならぬ積観してた作品。
NHKでたまたま放送があったので、HDDに録画してそれを見た。
いまやAmazonPrimeやNetflixでも見られるんだけど、動機づけになるきっかけみたいなものがないと、なかなか見ない。


結果として見てよかったと思うのだけど、後味はあまり良くない。
風と共に去りぬ」に登場する黒人奴隷なんて、ファンタジーだったんだろう、きっと。
彼らの残酷な現実がこれでもかと突きつけられる。
人間であるのに人間扱いされない彼らの境遇を見ていると、奴隷を扱う側だった白人たちにむしろ関心が行く。彼らに与える痛みを想像したことはなかったのか。
彼らの負った背中の傷跡は見るに堪えない。馬や牛にだって、あれほどの傷を負わせることはなかったろうに。

カンバーバッチやブラピが出ているのが救い。スター俳優が顔を見せると、フィクションだと気が付いてホッとする(実話だけど)。

二度見ることはないと思うし、後味もとても苦しいのだけれど、見る価値がある。アメリカの歴史の確かな一部を伝えてくれる作品だと思うから。

新しい年

帰国した2年前から私の新年は何となく10月から始まる。
手帳も10月に新しいモノに替える。だいたい10月はじまりの手帳って翌年の12月まで使えるけど、次の10月に新調する。
時間の捉え方が2年前の10月を起点に考える癖がついてるから、これはもうしばらくこのままじゃないかな。
今の仕事も2年後の9月に終わるから、また2年後の10月には強制的に新しい年になる。ちょうどいい。

グッド・ワイフ シーズン7

先週やっとグッド・ワイフを完走した。半年かかった。
シーズン7にもなると、アリシアのロマンスと事務所の内紛はもう完全にテンプレ化。
ダイアンやケイリ―が活躍する場面はぐっと減って、ウィルもカリンダもいない。
アリシアは強さよりも狡猾さの方が目に余るようになった。
そんな状況に辟易しながらも、最後まで見続けられたのは一定の質を落とさない脚本と構成の力による。

最後はこの長い物語のスタートさせた張本人ピーターの新たな疑惑によって、みんなが疑心暗鬼に陥り、これまで築き上げてきたアリシアの人間関係が連鎖的に崩れていくのが見事だった。ピーターのスキャンダルによってこれまでの生活を失う一方、結果的に弁護士として華やかなキャリアを手に入れたアリシアだったけれど、最後にはピーターによってまた全てを失う。大いなる皮肉だけれど、すべてが±0となって、見てるこちらとしてはホッとした。
ピーターだけでなく、アリシアの無意識な欲の強さに、だいぶ前から私はついて行けてなかった。
シーズン1からずっと出世欲の強かったケイリ―が、最後には弁護士のキャリアを捨てた。彼女とは対照的な道を選んだ彼に、私はむしろ共感する。


長い長い物語が終わったけれど、Amazonで本作のスピンオフ作品「グッド・ファイト」が配信されているので、そちらも見ねばなるまい。
私の大好きなダイアンが主役だし。シーズン7で大好きだったルッカもいるし。

グッド・ワイフ シーズン6

3月あたりから見始めた「グッド・ワイフ」。
知っている人にとっては今さら……というチョイスだけど、ハマるまでに時間はかからなかった。家で暇を見つけてはエピソードを消化している。休みを一日潰した日もあったくらい。どうしたんだ私、と思わなくもないけど面白いんだから仕方ない。

ただ、1シーズン24話で1話が43分とかあると中々見終えるには時間がかかる。私は今やっとシーズン6の半ばくらい。シーズン7で完結だからもう少し。いつ見終えるかなぁ。

私が好きなのは、ダイアンとカリンダ。潔くて強くてカッコよくて。女性が憧れる女性。視聴者の多くはきっと二人のことが好きだと思う。この二人はぶれない。
一方主役のアリシアは、シーズン6にもなるとシーズン1とはもはや別人。彼女が追いかけてるのは何なのか、今の私にはわからない。このままエンディングまで突っ走るんだろう。

去年見てた「シカゴ・メッド」の役者陣がチョイ役で時々登場するのも楽しみ。シーズン7まで何とか辿りついて、早くこの物語の終わりをみたい。

年末年始~今日までに見た映画をざっくりと記録

海外から帰ってきて再就職した2017年はやはり色々と大変な年で、本は読めない・映画もまともに観れない、そんなメンタルだった。
物語に触れてたのはテレビドラマだけ。どこにも行かず家事しながらダラダラと見れるドラマ偉大。ネトフリ最高。NHKも最高。

でも今日はドラマじゃなくて映画を記録したい。 なぜ今さらかと言われれば、年末に見た数本で私のメンタルも多少復調し、やっぱり映画凄いって再確認したから。ドラマと映画の違いって私には明確に説明できないけど、映画って人間模様だけじゃなくて概念とか社会とか色んなものの断片が紛れ込んでるから、その時代にトリップして何となく同じ世界を生きた気持ちになる。やっぱり上手く言えないんだけど。

ーーーー
イミテーション・ゲーム
テレビ神奈川で放送してた。後半しか見てないけどカンバーバッチの演技が良かった。あとラストの皆での焚火の場面。


いつか晴れた日に
ジェイン・オースティンの「分別と多感」の映画化作品。年末に「ジェイン・オースティンの読書会」を読んだんだけど、映画版の「ジェイン・オースティンの読書会」じゃなくて俄然ごっちが見たくなったのはヒュー・グラントが出てるからだと思う。
エマ・トンプソンが綺麗!とにかく綺麗!アラン・リックマンカッコいい!渋い!ヒュー・グラントは文芸作品の中でも相変わらず!


ラブ・アクチュアリー
いつか晴れた日に」を見たらこれが見たくなるでしょ。そうでしょ。
ストーリーはさして面白くないと見る度に思うんだけど、陳腐な中に優しさや愛らしさがあって、やっぱり見終えた後は少しハッピーになる。ヒュー・グラントのチャーミングさは偉大だな。もはや。


Re:LIFE~リライフ~
ヒュー・グラント見たさに。50代のヒューも見慣れてきた。彼の出てるラブコメは物語の展開が大体一緒なことが驚異的でもあるんだけど、それでも飽きずに見られるというのは一体どういう事なのか。見返したいとは思わないけど上手くまとまっていて面白かった。

Re:LIFE~リライフ~ [Blu-ray]

Re:LIFE~リライフ~ [Blu-ray]


ラブソングができるまで
Amazonプライムでタダだった。面白いのかなと期待してたけど、こちらは大いに期待はずれ。

ラブソングができるまで [Blu-ray]

ラブソングができるまで [Blu-ray]


SING
2時間があっという間な面白さ。すべてを失ったムーンが海パン一丁で洗車屋を始めるところはグッと来た。間抜けだけどすべてを受け入れて一歩踏み出す強さ。ショーに出場した歌手たちよりも、やっぱりムーンだよね。ムーンがいないとショーは始まらなかったもん。


他にも色々見たような気がするけど忘れた。 とりあえず今宵はここまで。

100歳から始まる人生

二週間くらい前にみたこのドキュメンタリーがまだ私の胸の中をざわつかせる。

www6.nhk.or.jp

このドキュメンタリーの主役、ダグニーは90歳を過ぎてからパソコンを購入し、ブログを始めたのは100歳のとき。ブログに載せる写真にもこだわりがあり、フォロワー数は50万人を突破した。話題の人ということでダグニーはテレビにも出る。
ダグニーの活動はブログだけにとどまらない。「死ぬまでにもう一度ダンスをしたい」と出会い系サイトで男探しをする姿は真剣そのもの。
このドキュメンタリーが撮影された101歳時点で、少し年下のお年寄りたちに市民講座でパソコンも教えている。

100歳を過ぎてもアグレッシブな姿に惹かれた訳じゃない。実際、ダウニーは元気いっぱいというよりは、マイペースでのほほんとした人柄。
私が強烈に印象に残ったのは、100歳を過ぎても過去の悲しい思い出は消えないということ。自分へのコンプレックスも消えないということ。恋する瞬間のドキドキは色あせないということ。

ダウニーは今も子供時代の母との切ない思い出や、一人目の旦那との結婚生活を昨日のことのように覚えている。そんな過去も抱きしめて生きている。 「私が綺麗だったことはない」と鏡を見ながらつぶやく姿や、恋が始まりそうなときの表情は、少女そのもの。89歳のボーイフレンドとは出会ってすぐにメールアドレスを渡すけど、彼はパソコンができないから返事は来ない。代わりに来たのは電話。はじめてのデートはダグニーの家で。89歳と101歳がモシャモシャとケーキを食べる姿は尊いと思った。恋する気持ちはいくつになっても変わらない。

ダグニーを突き動かしてるのは、尽きない好奇心と天性の素直さ、そして寂しさだと思う。肉体は衰えるけど、精神は衰えない。 いくつになろうが悲しさや寂しさからは解き放たれない。それでも自分次第で新しい世界にチャレンジし続けることができる。そう思えたドキュメンタリーだった。